MENU

44歳 ピュアオイルを使ってのマッサージ

「ライスパワー」と聞けば、単純にお米をもりもり食べることで、みなぎる元気のパワーを連想してしまう。

 

お米と言えば、単純に日本人の主食であるし(現代ではお米を食べない人も多く、更には炭水化物ダイエットなるものも出てきて、お米人気もやや下降気味だと報道されているが)この「ライスパワー」という言葉を見たり聞いたりして、化粧品に関する表現だとは正直連想出来なかった。

 

ただよく考えてみると、お米から出来るお酒(日本酒)やぬかなどを使用した化粧品に関しては、多数見聞きしているから、特別おかしなことではないのだけれど、「ライスパワー」というキーワードが化粧品の名前になって、前面に押し出されているのは、意表をついて興味深い。

 

ただ、どうしてもおしゃれ感満載の横文字が名前になっている化粧品に慣れている女性たちにとって、「なんていう化粧品使ってるの?」という友人、知人からの質問に、「ライスパワーよ」と答えるのは、ちょっと恥ずかしいかもという印象を受けた。

ライースリペアは、知覚に売ってない

勇心酒造の「ライースリペア」という化粧品があることは、今回こちらで見るまで知らなかった。

 

公式ホームページを覗いてみたところ、今時のパッケージに入った化粧品が並んでいたが、「ライスパワー」というキーワードを用いて全面に売り出されている化粧品は、なんともおしゃれ感からずれた印象を受けた。

 

お客様の声を見てみたら、年齢層が60代とか70代とかぐっと高く、名前から受けた印象から、「ああ、やっぱりな」と思ってしまった。

 

私自身特別若くもなく、堂々としたおばさんであるが、現品をもらって使ったらすごくよかったからとかでもない限り、さすがにライスパワーというブランド名(?)をいきなり購入しようとは正直思えない。

 

現品にふれる機会として、店舗での販売もあるようだが、三越デパートでの販売のみのようなので(だから高齢女性に人気があるわけだ)、近くに三越デパートがないので、おそらく手に取る機会は永遠にないだろうなと感じた。